住宅ローンの滞納に注意しよう~効率よく返済でカイケツ~

不動産

ローンについて

女性

家を購入する場合、多くは住宅ローンを組んでマイホームを買います。住宅ローンは金利も金融機関で異なるので、比較検討することが大切です。自分にとってもっとも有利になるところから、借り入れを行うとよいです。

詳細を確認する

マイホームを失わない方法

住宅ローンの滞納を放置していると大変なことになります。住み続けたいときは業者に相談をして問題解決をすることができます。

ファミリーでも安心して利用できます!カードローンのランキングで金利が安い会社を見つけましょう。会社によっては初回0円ですよ。

早めに行動を

女性

住宅ローンの滞納をしたら、とにかく早めに行動を起こすことが大切です。滞納が続いて早ければ3ヶ月で、分割払いの権利を失って、一括返済に応じることができなければ競売の手続きが開始されます。競売になると、不動産が市場価格よりもかなり安く売られてしまう可能性が高く、そのために家を売却後も多額の住宅ローン債務が残ります。さらには近所に知られてしまうために小さな子供がいる場合には精神的な負担がかかる場合もあります。 早めに行動を起こすことでどんなメリットがあるのかというと、競売よりも良い解決策が見つかるかもしれないということがあります。マイホームを失わずにすむ解決策や、競売よりもはるかにメリットが大きいとされている任意売却という方法などがあります。自己破産をすることが100%決まっているという場合でない限りは、競売をすることにメリットはないので早めに専門家に相談するなどの行動を起こしましょう。

どんな解決策があるか

住宅ローンを滞納し始めたときにとれる解決策としては、まずはマイホームを失わないですむ方法を探すべいでしょう。その方法の1つが個人再生です。個人再生では自己破産のようにすべての借金をゼロにできるというわけではありませんが、住宅ローン債務以外の借金を大幅に減らすことでマイホームを失わずにすむというメリットがあります。住宅ローン債務自体に困っている場合にはこの方法は取れませんが、住宅ローン以外の借金に困っていて、それらを大幅に減らすことで住宅ローンを払い続けることができるのであれば、マイホームを失わずにすみます。 マイホームを失わずにすむ可能性のある方法としてもう1つが任意売却です。任意売却は金融機関の同意を得て抵当権を解除し、通常の不動産売買のように不動産を売却する方法ですが、親族間売買をしたり理解のある投資家に購入してもらうことで、家賃の支払いは必要ですがそのままその家に住み続けられる可能性があります。もしもマイホームを売却するしかないという場合でも、任意売却は競売よりも家を高く売ることができるので、お勧めです。住宅ローンを滞納しだしたら、早めに専門家に相談してこれらの方法をとりましょう。

不動産担保ローンを活用すると夢を叶えるチャンスが広がります。気になる人はサイトを調べてみるといいです。

住宅購入時のローン

貯金

住宅ローンには3つの金利タイプがあります。固定型、変動型、固定期間選択型です。どれがよいかは、その人のライフプランなどによって異なってきますので、将来計画を十分に立てたうえで金利を選択していくのがよいです。

詳細を確認する

ローンの種類と特徴

貯金

不動産担保ローンは、手持ちの不動産を担保に供することによって、お金を借りられるローンのことである。名古屋には不動産担保ローンを行っている金融業者が数多く存在する。借入可能な金額は、不動産の評価額の80パーセントから90パーセント程度になる。

詳細を確認する